[kz] 頭の中にあるものを全部出す。そして整理する

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

頭のなかにはあるのだけれど、何から書き出せばよいかってときに役立つツールなんてものはないかなと探していて、以前はマインドマップなどを使ってみたりもしたのですが、ここ最近は「Workflowy」というものを使っています。

Workflowy

「Workflowy」とはアウトラインプロセッサとかアウトライナーと呼ばれるもの。Wikipediaによるとアウトラインプロセッサとは、「コンピュータで文書のアウトライン構造(全体の構造)を定めてから、細部を編集していくために用いられる文書作成ソフトウェア。英語ではoutlinerという呼称が一般的。」と表されています。

どんなもの?

「百聞は一見にしかず」ということで、スクリーンショットをみてもらいましょう。

私の解釈では、「メモや考えや読んだ本の重要点などを、トピックとして書き出し、要点などを階層構造に書き出していくツール」と捉えています。

写真にもあるとおり、まさにこの投稿を書いている最中なのがわかりますか?

また、過去に読んだ本のトピック、最近はじめた特許に関するまとめなんかも書いています。

なにがいいの?

何はさておき、とにかく「書き出せる」といったところが気に入っています。

写真にもあるように、カテゴリごとで分類することなんてしません。トピックは階層の上位のものをマウスで移動すれば、どのトピック間にも移動できるので、構造はあとから考えればいい。そう「とにかく書き出してみる」ができるツールなんです。

また、クラウドサービスであるため、出先で書き出したことを家で続きを書くとか、隙間時間にちょこっと書くなんてこともできるのがいいですね。

これから

「Worlflowy」を使い始めてまだまだ日が浅く、サイトを見渡せば先人たちのすごい使い方なんかも見つけられます。

特に、私が「Workflowy」を使ってみようと思ったきっかけとなったは「クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門 」という本を読んだのがきっかけ。

この本にはWorkflowyのさまざまな使い方が書かれていて、実践していきたいネタが満載。

その中でも、iOS・Android用アプリであるHandyFlowyやMemoFlowyを使った出先での利用や、ハサミスクリプトを用いたHTMLでのエクスポート機能、さらに様々な先人の方が作られたブックマークレットなどを使って、頭の整理もさることながら、ブログの執筆などの知的生産活動の一助になればよいなと考えています。

まとめ

「Workflowy」を解説したら、到底ブログの一投稿では書ききれず、本が書ける(私は書けませんが・・)くらいの情報量になります。また使い方も多岐にわたるため、今回は、まずは

「Workflowy」ってなに?

「Workflowy」ってなにができて、どんないいことがあるの?

ってことだけを書いてみました。

ちょっと使ってみようかなと思われた方。心苦しいですが、私からの招待リンクからぜひアカウント登録していただけると、私の月間のトピック記載上限が増えて助かります。

これが目的でこの投稿を書いたわけではないのですが、年額$49のProアカウントの移行前にできるだけ使い込みたいなと思っていまして。。

最後は、おねだり的なまとめになってしまいました・・・

ではっ!