[kz] ソフトウェアップデートに思うこと

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

先日Apple WatchのWatch OSが2.0になったかと思えば、もう、2.0.1がリリースです。なんか慌ただしいですね。

アップデート内容

  • ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
  • バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
  • 管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイベントをApple Watchに同期できない問題を解決
  • 位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
  • Digital Touchで、電話番号ではなくメールアドレスから送信されることがある問題を修正
  • Live Photoを文字盤として使っているときに不安定になることがある問題に対処
  • Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題を解決

一つ目の「ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題」って、このWatch OS 2.0.1のソフトウェア・アップデート自体が停止することはないのだろうかと堂々巡り、自己矛盾を感じてしまうのは私だけでしょうか?

その他、字面で見れば「へ〜そうなんだ」と読みますが、よくよく読めば、カレンダーイベントが同期されなかったり、電話番号ではなくメールアドレスが送信されたり、センサーが無期限にオンになったりと、尋常じゃない、えぐいこと書いてありますよね。。

早々にアップデートしましょう。。

まとめ

Watch OSも2.0とはいえ、まだまだ見つけられていないバグがあるのでしょうね。

ウェアラブルな端末であったり、IoTと呼ばれるモノのインターネットへの世の流れに向けて、一見、「あ〜そうなのね」で済ませてしまう些細な不具合が大きな問題になってしまう。。そんな時代はすぐそばに来ているのかもしれません。

今は、「あれ?!スケジュールが反映されてない!」だとか「ごめんごめん、ちがうの送っちゃった」とか「なんか切れないから一回リセットしよう」だとかで対応できているものも、そうはいかなくなることも起きてしまうような。。

人工知能が人類に及ぼす影響なんていうテーマの本もベストセラーになっているこの頃、身の回りにある最先端のモノたちとどのように付き合っていくのかを時には立ち止まってみないとならないような気もします。

ではっ!