[kz] SIMフリーは携帯電話会社で運用?それとも格安SIM?

NO IMAGE

格安SIMとは、

先の投稿「どの携帯電話会社で運用すべきか?調べれば調べるほどうんざり、イライラ。。」でも書きましたが、本当に携帯電話会社のサービス内容は分かりづらく、かつ、どこも横並びで、うんざり。

ということで、購入したSIMフリーiPhone6 Plusは、大手携帯電話会社とは契約をいたしません。

とはいえ、現在契約しているSoftbankの契約は10月までが契約期間なので、11月にならないと、解約してしまうと9,500円の違約金が発生してしまいます。なので、11月1日になるまでは、じっと我慢をして、購入したSIMフリーiPhone6 PlusにSoftbankのSIMを指して利用していました。これがまさに、SIMフリーの利点ですね。

さて、では、大手携帯電話会社との契約をやめて、なにを選択するのか?

狙いをつけたのは「格安SIM」です!

「格安SIM」、正式には、MVNOが販売するSIMカードのこと。「MVNO」とは、Mobile Virtual Network Operatorの略称で、「移動体通信事業者」の意味。「移動体通信事業者」とは、携帯電話などの物理的な移動体回線網を持たずに、実際には保有する他の事業者、すなわちDocomoやauから回線網を借りて、それを自社ブランドとして通信サービスを行う事業者のこと。

このMVNOから提供される通信サービスが「安い!」ゆえに、「格安SIM」と呼ばれているわけです。

「格安SIM」というだけあって、各MVNOの競争は激しい!かなりの激戦地です。

とはいえ、やはり優良、良、不良サービスが混在していますから、選ばれる際は、よく吟味・比較して選ばれることをお勧めします。

で、私が選んだ「格安SIM」といえば、この2社!

  • U-mobile
  • BICSIM

U-moble

まずは「U-mobile」ですが、なんといっても「橋本環奈」ちゃんがいい!

って、それはさておき、だいたいの「格安SIM」は、使えるデータ通信料に応じて、利用プランが用意されており、そのデータ通信料を超えてしまうと最大通信速度が制限されてしまう。しかし、「U-mobile」は11月から、2,980円/月で無制限プランを打ち出してきている。とはいえ、無制限までもいらなければ、3GB/月で1,980円/月でこちらも安い。通話もできて、ナンバーポータビリティで今使っている電話番号もそのまま移行ができてよいサービスである。もちろん、iPhoneでの動作確認もされている。

BICSIM

次は「BICSIM」 環奈ちゃんはいない。。。

って、どうでもいいが、「BICSIM」 は、ビックカメラが販売している「格安SIM」であるが、実際には株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供している「IIJmio」をビックカメラが再販しているサービスである。いくつかのサイトで「IIJmio」のサービスレビューを見てみてもかなり評判がよく、2GB/月で1,600円の「ミニマムスタートプラン」が最安のプランになる。こちらももちろん、通話もできて、ナンバーポータビリティで今使っている電話番号をそのまま移行できる。iPhoneでの動作確認もOK。「BICSIM」と「IIJmio」はほぼ同じサービスであるが、唯一、「BICSIM」には、公衆無線LANサービスである「Wi2 300」サービスが利用できる特典が付いている点が異なります。

そして、この2社の最大の優位点は、「即日開通」ができる店舗があること。

「U-mobile」は「UNEXT STORE」という実店舗が青山にオープンしており、お店で即日開通の手続きが可能である。また「BICSIM」はビックカメラで販売されているだけに、ビックカメラの「BICSIMカウンター」で即日開通が可能なのである。

いずれの「格安SIM」もインターネットで申し込み、後日、SIMカードを郵送で受け取ることで手続きが可能であるが、その間、現在利用しているSIMは、受け取るまで通信不能となってしまうため、この「即日開通」のサービスを提供しているのはかなりの強みである。

近くに店舗がない方は、Amazonからも購入できる。

さて、候補となる「格安SIM」が決まったところで、実際のところ、安いのか!

シミュレーションをしてみよう!

シミュレーション

携帯電話会社のサービスは、競争が激化すれば変更されるし、期間限定のサービスもあるため、一概にどちらが安いとは言えないし、細部を詰めると「そこ間違ってる」とか、「正確には・・」とかがあるかもしれないが、その点はご容赦いただきたい。

まずは、これまでどおりSoftbankで契約をしたらをシミュレーションしてみよう。こちらのページを利用します。

これまで使用していたiPhone5 64GBを下取り、新たにiPhone6 Plus 64GBを購入した場合の月額料金は、7,588円/月とでた。

これを2年契約とするわけだから、7,588円の24ヶ月で、合計182,112円となる。

さらに、Softbankからは10月の契約満了を前に、「契約更新光線」がビンビン来ていて、さらに10,000円を下取り価格に上乗せするといってきたので、最終的な費用は、24ヶ月で172,112円となる計算だ。

一方、「格安SIM」はどうか?

まず、使用していたiPhone5 64GBを「iPhone商店」という買取専門店で買い取っていただいた。買取価格は、2万円程度と思う。というのも、iPad Miniも同時に買い取っていただいたので合計買取額が47,000円となった。まっ、安く買い叩かれた感は否めないが、親切に対応していただいたので、良しとしよう。

iPhone6 PlusはApple Storeで購入しました。64GBモデルを選択して、Apple Care+の2年保証もつけて、99,200円で購入。

格安SIMにナンバーポータビリティした場合、SoftbankにMNP転出手数料の2,000円と格安SIMの契約のための初期費用3,000円が必要です。

そして肝心の格安SIMの月額の使用料。たとえば、「BICSIM」の2GB/月で1,600円の「ミニマムスタートプラン」を選択した場合、仮に24ヶ月使用すると、38,400円となる。

これらかかる費用の合計から、買取金額を差し引いた2年間の総費用は、122,600円

6万も違うじゃないか!

Softbankを継続したら172,112円で、格安SIMなら122,600円になり、2年間でおよそ6万円もトータルコストに差が出てしまうじゃないか!

もちろん、Softbankの方が、キャリアのメールが使えたり、SMSが使用できたり、データ通信料も今回選択したBICSIMが2GBなのに対して、Softbankならば5GBまで使えるなどのメリットがある。

しかし、データ通信料が気になるのならば、U-mobileの無制限プランで2,980円/月を選べばいい。それでもまだ17,000円くらいの差が出るのだから。

携帯電話会社で端末を購入すれば、月額払いで端末代金を分割購入できるので、購入負担が軽減できるといったメリットもあるが、Apple Storeのオンラインストアで金利0%の分割払い購入をすれば、そのメリットも薄れる。

なんといっても、2年間の契約期間に縛られず、新たな新興「格安SIM」が現れたら、また乗り換えればいいのだ。

多少、大雑把な計算になったが、やっぱり「格安SIM」は安い。そして、なによりも「フリー」だ。これは行くしかない!「格安SIM」へ。

まとめ

「格安SIM」はまだまだ草創期であり、価格競争が半端ない。現に、この2ヶ月の間に、データ通信料を増加させたプランを打ち出すところもあれば、U-mobileのように無制限プランを出してくるところもある。

携帯電話会社も「格安SIM」の攻勢に指をくわえて見ているわけではないだろうから、これから先、さらに有力なサービスを打ち出してくるかもしれない。

「格安SIM」の月額の利用料の安さばかりに目を取られると、携帯電話自身の購入額が高いことを忘れてしまうこともある。

いずれにしても、何はさておき、携帯電話会社からのサービスが寡占な状態であったところに、「格安SIM」という存在が現れたことが一番の消費者にとってのメリットなのかもしれない。

また、消費者はそれぞれのサービス内容を十分に吟味して、自分が利用するサービスを情報収集して、選択する時代に入ったのかもしれない。

次回、いよいよ「格安SIM」の購入に取り掛かります!