[kz] iPhoneの画面動画をQuickTimePlayerで撮影する方法

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

本日は、iPhoneとMacのちょっとしたTips。

MacOSのYosemiteに標準インストールされているソフトだけで、iPhoneの画面動画を撮影することができるというTipsです。

必要なのは「QuickTimePlayer」

まずはiPhoneとMacをLightningケーブルで接続して、QuickTimePlayerを立ち上げます。

そして、[ファイル]メニューの中にある「新規ムービー収録」を選択。

QuickTimePlayerのウィンドウが立ち上がります。Macの場合、内臓iSightカメラが選択されているので、いきなり画面一面に自分の顔がどアップで映るかもしれませんが、恐れずにQuickTimePlayerのウィンドウにマウスを持っていって、操作パネルの下三角になっているマークにマウスを持っていって、自分のiPhoneを選択してください。

周囲の音を撮りたくなければあわせてマイクを「ライン入力」にしておけば周囲の音は録音されません。

たったこれだけ。

これでiPhoneでの操作動画をブログにアップすることができますね。

ではっ!