[kz] 推し、燃ゆ

[kz] 推し、燃ゆ

こんにちは、kazscapeです。

お休みにゆっくり読書しました。

第164回芥川賞受賞作「推し、燃ゆ」

単行本やKindle本よりも少しお安く読めるので、文藝春秋の全文掲載版を購入して読みました。

内容については、ネタバレになってしまいますので書きませんが、毎回、芥川賞作品は難解に感じてしまいます。(単に私に文芸を嗜む力量が足りないのかもしれませんが。。。)

正直申し上げて、読み終えたとき、ここから何を感じたらいいのだろう??と考えることが多いのが芥川賞受賞作品ですが、何を感じるかは人それぞれであり、それでよいのかもしれません。

受賞の選評も合わせ読んで、「なるほど、そう捉えるのね。」ということがわかるのも、受賞作の全文掲載と選評が掲載されている文藝春秋版は芥川賞受賞作を読む醍醐味ではあります。

ではっ!