[kz] iPhoneでもMacでも、本は読んだところから。

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

通勤電車でスマホ片手にゲームばっかりしています。

パズドラに、アニモンやって、最近は「星のドラゴンクエスト」なんていう、階段上ったり、呪文唱えたり、レベルアップした時の効果音がやばい、ファミコン世代の中年をグイグイ惹き込んでしまうゲームを通勤電車で仕事以上に真剣に取り組んでしまっています。

「これはいかんっ!」と、「たまには本を読むべしっ!」と自分を戒めて、メタルスライムを倒す誘惑から意識を取り戻し、本を読みましょう。そうですっ!本です!!

人によっては、本は紙がいい、現実的にペラペラめくれないと読んだ気がしない、本のインクのニオイでトイレに行きたくなるなど、紙書籍の方が良いというご意見もありますが、私の場合は、絶対量として、電子書籍の方が持ち歩ける本の冊数が多くなる点で、電子書籍を選んでいます。

ライトな小説と、ビジネス本と、パソコンで手を動かしながら読まないと理解できない技術本とでは、必要とされる環境も異なるわけで、状況に合わせてスタイルを変えられる電子書籍が性に合っているんですね。

そんな電子書籍ですが、いろんなマーケット、いろんな出版元から販売されていますが、購入したところが違うと本を読むためのアプリも別のものを起動しなければならないのはとっても煩わしい。

ならば出来る限り一箇所で購入するようにした方が良いということで、Amazonで買えるのであれば、出来るだけKindleに寄せて購入をするようにしています。。

通勤時間にはiPhoneのKindleで読み進め、家に帰ってからは(気が向いた時に)MacのKindle Cloud Readerで続きを読むという感じがしっくりきています。あの本はどこいった?にならないのがいいんですね。

読めない本もあるの?

そんな感じで電子書籍と付き合っていますが、今日、Kindle Cloud Readerで続きを読もうと思った本があって、本を開こうとしたら、こんなメッセージが・・

「この本はKindle Cloud Readerでは開けません。無料のKindleアプリをご利用ください。」

はぁ〜っ?!Kindleで買ったのにKindle Cloud Readerで読めない本って何?

まぁいいさ。「無料のKindleアプリ」をご利用すればいいのね!って、そんなのあったっけ?!いつそんなアプリリリースされた?

完全に出遅れていました。「Kindle for Mac」なるものがリリースされていたのですね。

何が違うのさ?

ということで、読めない本があるんじゃ仕方ない。「Kindle for Mac」をインストールしたろうやないの。

ほ〜っ。Amazonにログインをしないと購入している本は一切読ませませんって感じね。当たり前か・・

ログインしましょう。

あれ?!アカウントなんだっけ??日頃無意識に使っているのでアカウント忘れちゃった。

なんとか思い出してログイン成功。おおっ!購入している本が出てきました。

Kindle Cloud Readerで読めなかった本も読めるようです。

まとめ

ところで、Kindle Cloud ReaderとKindle for Macで何が違うの?

もちろん、Kindle Cloud Readerはブラウザで電子書籍が読めるもので、Kindle for Macはアプリで電子書籍が読めるもの。

でっ!なんの違いがあるの?

確かにKindle Cloud Readerはアプリをインストールしなくてもブラウザで本が読めるってのは、ちょっとした出先でインターネットにつながりさえすれば本が読めるという利点はあれど、そんなシーンってあるっけか?

よくわからないまま、まぁ〜、買った本が読めるからいいかとなる結末。

些細なこと気にせずに、いっぱい本読みましょう!

ではっ!