[kz] 石垣ダイビング日誌最終日からの帰京

NO IMAGE

こんにちは@kazscapeです。

石垣の旅も終わりました。

ダイビング最終日は昨日でしたが、あまりに悲しくて(あまりに飲みすぎて)、ブログ更新を忘れました。ということで、ダイビング最終日から帰京の本日までの日誌です。

ダイビング最終日は港から15分ほどの島に近いポイントでのダイビングと25分ほど沖に出たダイビングでした。

島の近くのポイントでは、カメラのレンズポートの接点に問題が生じて撮影できませんでしたが、2本目、3本目のポイントでは撮影ができました。

前日までのダイビングとは変わって、ドリフトダイビング。EntryからExitまでは流れに漂ってのダイビング。さすがに前日まで漕ぎ続けていましたので、足腰には楽なダイビングとなりました。

ここちよいドロップもあるポイントで、

同行された方々も「サーッ」と流されていきます。

クマノミ先生も「なんだお前!」と寄ってきてくれて、

ウメイロモドキの群れも現れました。

残念ながら大物は現れませんでしたが、ゆったりとした、LastDiveにはちょうどよいDiveでした。

ガイドのウツミさん!ありがとうございました。

こうして日曜日から金曜日までの6日間、計16Diveが無事終了。

今回の石垣DiveTourは、残念ながらピーカンの晴れの日はなく、寒い日もありましたが、とても楽しいTourとなりました。

お世話になった「ぷしぃぬしま」のスタッフの皆様。本当にありがとうございました。

そして本日、空港スタッフに見送られ、

石垣の山と、

海にお別れです。

あーっ、帰りたくない。

ということで、iPhoneをホテルに置いてきました。(笑)

石垣ダイビング日誌。おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

ではっ!