[kz]Niftyも格安SIMに参戦!

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

格安SIM市場には、かつて、電話回線で「ぴ~、ひょろひょろ~」とインターネットにつなげていた時のインターネットプロバイダーの雄であるIIJ、OCN、So-netが参戦していますが、このたび、Niftyもサービス名「NifMo」で格安SIM市場に参戦してきました。

トップ | スマホならNifMo(ニフモ)

そこで、早速、サービス内容をチェックしてみたいと思います。

BicSIMと比較

エントリー的なプランである2GBのプランは、私が使っているBicSIM(提供元はIIJ)のミニマムスタートプラン(2GB)とまったく同じ価格設定できましたね~。

その他のプランも含め、主要な比較項目については以下のとおり

SIMサービスNifMoBicSIM(IIJMio)
利用料金2GB1,600円/月1,600円/月
4GB3,200円/月2,220円/月
7GB4,200円/月3,260円/月
提供回線DocomoDocomo
通話料20円/30秒20円/30秒
最低利用期間6ヶ月2ヶ月

まとめ

ざっと見た感じ、BicSIM(IIJMio)の方が有利でしょうか。。

いずれにしても、格安SIM市場が拡大し、競争が激しくなることは、利用者にとってはメリットです。

引き続き、格安SIM情報は分析し続けたいと思います。

ではっ!

Posted from するぷろ for iOS.