[kz] Apple Watch試着してきました。

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

いよいよ4月10日からApple Watchの予約が開始されました!

私も頑張って予約をしましたが、やはり現物が見たいということでApple Store表参道で試着をしてきましたので、そのレポートをご報告いたします。

ショーケースを拝見

まずはショーケースに入っているものを拝見していきましょう。Apple Watch Sportから。

シルバーのアルミケースはちょっと「玩具」チックな感が否めません。ブラックは黒光りがいい感じで、Apple Watch Sportを選ぶなら、やはりブラックでしょうか。

次はApple Watchのスボーツバンド。

やはり同じスポーツバンドでも、スチールケースになった途端、高級感がでますね。

ミラネーゼループ。

きめ細かなチェーンでさらに高級感があがり、モダンな感じがします。

そしてリンクブレスレットのシルバーとブラック。

なんだろう?!一気に格好良さが増し増しです。

そのほかにも、レザーループやモダンバックル、高すぎて全く手が届かないApple Watch Editionなどもありましたが、とりあえず悩んでいるものだけを写真に収めました。

試着

では、いよいよ試着です。

気になるモデルを2つ選択しました。

リングブレスレット

Appleのデザイナーであるジョナサン・アイブが肝いりでデザインしたという「リングブレスレット」

やはりこれは試着せずにはいられません。

バンドの調整は、普通の時計と同様、ピンを抜いて調整するのかと思いきや、ボタンを押すことで取り外せるというデザイン!

この辺のアイディアがジョナサン・アイブの真骨頂なのでしょうか?Apple製品を時計屋さんに持ち込ませたくなかったのか、愛着のあるものは全て自分の手の中でできるようにしたかったのか、「あっぱれ!」って思います。

リングブレスレットは38mmのサイズのものしかデモ機がないとのことで、まずは38mmを腕につけてみました。

日本人の腕の太さには38mmがしっくりくるような気もしますが、普段SUUNTOのダイブコンピュータやVectorを愛用してるので、大きな時計に慣れてしまっているのか、38mmは少し物足りなさを感じます。やはり狙いは42mmのサイズでしょうか。

このタイミングでApple Watchの背面もチェックしていきましょう。

なんだか、充電のポートでさえもデザインを込めている感じが伝わってきます。

ブラックスポーツバンド

もう一つの狙い目、「ブラックスポーツバンド」

こちらはあえてApple Watchではなく、Apple Watch Sportで黒光り感を確認するともに、42mmのサイズで試着してみました。

やはり42mmは38mmと比べて圧倒的に存在感があります。画面をタッチして操作をすることを考えるとやはり選択は42mmかなと思いますが、女性は間違いなく38mmの方が悪目立ちしない感じがします。

スポーツバンドはとても特徴的で、止めて余ったバンドを中に巻き込むようにデザインされています。

試着したバンドがLサイズだったので、余ったバンドが長く、入れ込むのに少し手こずりましたが、Mサイズであれば、苦なく入れられそうな感じでした。

使用されているゴムもぬちゃっとした感じのダイバーウォッチのような素材ではなく、サラッとしたゴムなので、「ゴムゴム」しておらず、ビジネスユースにも全然いける感じに仕上がっていました。

ということで、限られた時間の中で、今回は38mmと48mmのケースのサイズ感と「リングブレスレット」と「スポーツバンド」の2つのバンドについてチェックしてきました!

操作感

ここまでは見た目や付け心地をチェックしましたが、やはりWatchといえどもAppleが作ったDigital Gadgetなわけで、操作感をチェックしないことには始まりません。

ということで、デモ機で操作感をチェックです!

デモ機で用意されているのは42mmのサイズです。Apple Watchの画面に合わせて、横にある、どうやらiPad miniの液晶であろう画面が同期してApple Watchの画面説明を表示する仕組みになっています。この辺の販促品にも力を入れるところ、さすがApple!

iPhoneでいうところの「設定」に近いメニューがあったので覗いてみたらApple Watchは6.2GBのメモリを搭載しているようです。

ここからはいろんなサイトでプレビューされている機能を自分なりに試してみました。

時計盤のカスタマイズ、地図、メール、音楽、写真などなど、見様見真似で試してみましたので動画をどうぞ。

まとめ

Apple Watchの実物に触れて、そのクオリティの高さにますますワクワク感が増してしまいました。

予約開始と同時にかなりの予約注文があったらしく、すでにほとんどのモデルが6月以降の出荷となっているようです。

幸い、私の予約はそこまで待たされることはなさそうですが、それでも発売日には届きそうにない情勢です。

ジリジリと待たされている間は、さらに何回か試着をさせてもらって気になるところをもっと予習していこうと思います。

発売が間近に迫った「Apple Watch」

個人的には初物とはいえ、かなりいい出来のものではないかなと思います。届くのが待ち遠しいです。

も〜い〜くつね〜る〜と〜。。

ではっ!