[kz] Apple Watch 初めてのアップデート

NO IMAGE

こんにちは、@kazscapeです。

Apple Watchもいち早く手に入れた方々のファーストレビューが済み、ポジティブ・ネガティブ、いろんなレビューが書かれていますね。

私も、いいとこ・悪いとこ、様々ですが、Apple Watch自身が現在進行形なんだと思っています。

そんな中、Apple Watch初めてのアップデートがきました!

バージョン1.0.0から1.0.1へのバージョンアップです。

バージョンアップ手順

iPhoneから「Apple Watch」アプリを起動して、「一般」を選びます。

「一般」のメニューから「ソフトウェア・アップデート」を選びます。

バージョンアップできるバージョンが案内されます。

アップデートするためには、iPhoneとつながってて、Apple Watchが充電ケーブルで充電中で、50%以上の充電がされていないといけないみたいです。

とはいえ、とりあえず、「詳しい情報」で何がバージョンアップされるのか確認しましょうか。

どうやら、Siriとワークアウト関連と他社製アプリのパフォーマンス向上と、新しい絵文字のサポート、新しい言語が追加されるそうです。1.0.0から末尾の番号が変わるくらいですから、それほど劇的なバージョンアップではなさそうですね。

元の画面に戻って、「ダウンロードとインストール」を選択するとパスコードを聞いてきますので入力しましょう。

いつもの規約の同意です。同意しないことには始まりませんから、同意します。

ダウンロード中です。51.6MBって、結構ありますね。

なんだかんだいって、20分くらいダウンロードしてたでしょうか。すいません。うちのインターネット遅いので、参考にならないかも。

ダウンロードが終われば、Apple Watchへインストールです。

無事、バージョン1.0.1になりました。

まとめ

正味、40分くらいはかかったでしょうか。めでたく、Watch OS 1.0.1へバージョンアップです。

初めて気づきましたが、「Watch OS」なんですね。

最初のバージョンアップということで、見た目とか「おおっ!」ってバージョンアップではなかったようですが、「進化する時計」ってなにか新鮮です。

巷でレビューされている「悪いところ」が洗練されていくのを期待します。

まだまだ「現在進行形」の「Apple Watch」楽しみです。

ではっ!