カテゴリー別アーカイブ: health

[kz] 肩鎖関節亜脱臼からのダイビング [kz] 肩鎖関節亜脱臼からのダイビング

こんにちは、@kazscapeです。

7月の暑さはすごかったですね〜。8月はどうなることかと思いきや、雨が続き、あっという間に9月になってしまいました。

そんな2017年夏の思い出を少し。

ダイビング旅行2日前に左肩肩鎖関節亜脱臼

なんてこったい。。って、「身から出た錆」なんですが、、、

7月末から8月初にかけてのダイビングの予定が待ち遠しくて、その夜は、少し飲みすぎてしまったんですね。

海にダイブするまえに、蹴躓いて、自宅のテーブルに激しくダイブしてしまいました。。

とっさに身を委ねたのですが、あたりどころが悪く、左肩を強打。。。
ものっすごく痛かった。。

その晩は、とりあえず氷嚢で冷やして寝たのですが、翌日起きて鏡で左右の肩を見比べてみると、明らかに左肩の鎖骨が出っ張ってる。。。

「これはちょっと尋常ではないことが起きてるかも。。」と思い、病院へ。

診断結果は「左肩肩鎖関節亜脱臼」。全治2週間。

2017-summer-1

「え~~っ!、週末から海なんですけど・・・」と言い放つも、「マジですか!」とお医者さんに言われるばかり。

「どうしても潜りたいんです!なんとかなりませんか!?」ってな問答をした結果、「テーピングで固定し、交換用のテーピングを毎日貼り換えてなら・・・」との妥協点。

「よしっ、それで!」ということで、ダイビング強行!

初めての「神津島」

出発の夜、新橋で同行するメンバーと出発前の食事をしましたが、メンバー一同に「苦笑」され、竹芝桟橋へと向かい、船中一泊の東海汽船のフェリーに乗り込みます。

おりからの台風5号の影響で、船は揺れるし、特2等のベットは敷布団もありませんので、肩が痛い。。。

結局、ほとんど取れず、神津島到着。

2017-summer-7

「はたして、これで潜れるのか・・・」との不安を抱えつつも、ボートダイビングの準備は進んでいきます。

できるだけ左肩をかばいつつも、腕をウェットスーツに通さなければならない。。

日頃発しない悲痛な声を出しながら、なんとかウェットスーツを着ました。

さて、次の難関は、「器材を背負えるか」です。

波が穏やかであれば、水面で器材装着も考えたのですが、あいにくの台風5号。。かなりのうねりが入ってて、そうもいきません。

同行したメンバーにサポートいただきながら、なんとか器材を背負い、海へエントリー。

エントリー時に衝撃があるかと思いきや、それほどでもない。

水中では腕自身の加重もなく、むしろ陸上よりも楽。「これならいける!」

そうして、なんとか水中写真も撮ることができました。

2017-summer-2

カメラを持ち上げるのがつらかったので、ボケボケの写真ばかりとは嘘ばかり。相変わらず上達しない写真は、傷を負った腕のせいではありません。あしからず。

2017-summer-3
2017-summer-4
2017-summer-5

楽しい水中を過ごし、最後に待っている難関は「エグジット」。船上に梯子で上がらなければなりません。

腕の加重が返ってきます。痛い・・・

でも、心なしか、ずっと水中にいたせいか、程よく患部が冷やされて、少し痛みが緩和したような、アドレナリンがでているだけなのか。。

こうして、なんとか、2日間で5本のダイビングを終えることができました。

2017-summer-8

反省の弁

「もう若くないんだから」

「酒飲みすぎ」

「アホ」

などなど、いろいろな暖かいお言葉をいただきました。

深く反省しております。。。

遊びたければ健康でいなければなりませんね。

いつまでもガキの頃のように遠足前に熱を出すようなヤツで、本当にすいません。

次回の旅の際は、このようなことがないように、酔っぱらって靴下を脱ぐ際は、まずは部屋の電気をつけて、心静かに椅子に座って脱ぎたいと思います。

2017-summer-6

後日談

亜脱臼をした1週間後、暗い部屋でエアコンのリモコンを探し、見つからないとわかるや部屋の電気をつけようとして振り返った先に、開け放たれたドアが垂直にあり、眼鏡をしたままの顔面を強打。右まぶた裂傷。

まぶたを切ると血がドバドバ出るんですね。。。

まるでボクサーのような処置をしていましたが、傷口もふさがり、もろもろ解決した9月の緩やかな日曜日の午後、こうしてブログ書いてます。

まったく反省の色がありません。

ではっ!


[kz] 完全無欠な食事を取り入れてみる

こんにちは、@kazscapeです。

最近読んだ本「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」をご紹介。

出だしからぶっ飛ばし

著者であるDave Asprey(デイブ・アスプリー)さんは、わたしとおなじ1970年生まれ。IT起業家、マーケター、投資家の顔もつお方。

以前までは体重140キロあった体に30万ドル以上を費やして、シリコンバレー風に「体をハック」して、1日0.5キロずつ減量できて、かつ前より元気になった上に、パフォ ーマンス 、回復力 、集中力が驚異的にアップする、最強な「完全無欠な食事」を見つけたのだとか。ホントかよ。。

ということで読み始めましたが、とにかく出だしから飛ばしまくります。。

加工食品はダメ、野菜だって動物や虫に食べられないように進化を遂げてきたのだから、オーガニックだって安心ならんとか、コーヒーもカビにやられた豆はダメときて、体重が減らないのは「努力が足りない」せいだとか、空腹を我慢すれば痩せられるとか、低脂肪ダイエットは効果的、脂肪を食べると太る、カロリーを減らせば体重は落ちる、フルーツは体に良い、減量には長時間の運動が必要などなどの、いわゆる誰もが「痩せるってそうでしょ!」の定説をことごとくぶちのめしていきます!

前半部分を読んでいて、「じゃ〜、どうしたらいいのよ!?」って気持ちにさせられるのがこの本のつかみでしょうね。

じゃ、ホントにどうすりゃいいのよ。

とにかく本の中間地点から随所に現れるのが「完全無欠」というキーワード。

「完全無欠コーヒー」に始まり、いわゆる「断食」を細切れで行う「完全無欠断続的ファスティング」、集中的にたんぱく質を断食ってしまう「完全無血たんぱく質ファスティング」をベースとした「完全無欠ダイエット2週間プログラム」と、ま〜っ完全無欠だらけ。

進化の過程で形成された、黙ってれば際限なく物を食べさせる「ラブラドールレトリバー脳」(ラブラドールレトリーバーだけがそうであるということではないのだろうが。。)に食への渇望を起こさせないよう、黙らせておくのだそうだ。

そうすることによって、過剰な運動をしなくても体は引き締まるのだとか。。う〜ん、本当か?

完全無欠コーヒー

ちなみに、この本に出てくる完全無欠コーヒーとやらをご紹介。

作り方は、コーヒーにMCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル )を大さじ 1〜2杯と 、良質の無塩バターまたはギー(インドなどの南アジアで作られている食用に用いるバターオイル)を大さじ1〜2杯加えて撹拌したものが「完全無欠コーヒー』。バターの入手が難しい場合 、ココナッツミルク大さじ4杯とMCTオイル大さじ1〜2杯で代用することも可能だそうです。

これ本当にうまいのか?それともダイエットのために我慢しなければならない飲み物か???

ということで、物は試しに作ってみちゃいました。

MCTオイルなんてものは知らなかったのだけれど日清オイリオで売ってましたのでAmazonで購入。

バターはちょっと抵抗があったのと、続けられるかどうかもわからなかったので、カルディーで小さめのココナッツミルクパウダーを買ってみました。

でっ、早速今朝作ってみました。

残念なことに、意外といけます!

もちろん、ココナッツミルクとオイルを入れる訳で、本によれば「良質な脂肪」を取っているとはいうものの、あくまでも「脂肪」な訳ですから、朝ごはんはこれだけにして昼食までもたせてみています。

そして、先日投稿したアスリートなランチで体を引き締めるのランチメニューと共にしばらく続けてみようと思います。

まとめ

本当に本の内容は「この人何言ってるんだろう?」的な出だしで始まりますが、アメリカあたりでは大ブレイクしているのだそうですから、疑う前に、やはり実体験してみないとならないですよね。

興味のある方は本はもとより、著者であるDave Aspreyさんが「BULLETPROOF」という団体を運営されていますのでこちらもご参考にしてください。

さて、私の完全無欠ぶりはどの程度の変化をもたらすのでしょうか?結果は後日、また投稿したいと思います。

ではっ!?