[kz] ほったらかしてたMacにgitをセットアップ

こんにちは、@kazscapeです。

ゴールデンウィークですね。

出かけることもなく、何をするでもなく、貯めていた本を読んだりしていますが、ほったらかしてたMacを使えるようにしないとなと思い、おもむろにBlogを書きながら、セットアップを始めました。

Homeblewのセットアップ

いろいろとセットアップしないとなりませんので、まずはMac用のパッケージマネージャーの「Homebrew」をインストールします。

ターミナルを起動して、以下のコマンドでインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

この際にXcode Command Line Toolsもインストールされました。

gitのインストール

Macに標準でインストールされているgitではなく、Homebrewから新しいgitをインストールします。

brew install git

これだけではインストールしたgitが利用されていないので、~/.bash_profileにダウンロードしたgitのpathを通します。

export PATH="/usr/local/Cellar/git/<ダウンロードしたバージョン番号>/bin:$PATH"

ターミナルを再起動して、ダウンロードしたgitが使用されているかを確認します。

git --version

まとめ

ひさびさに自分のMacのことをしました。

引き続き、Visual Studio CodeとGithubの連携をセットアップしていきますが、今日のところはここまで。

っていうか、単なる作業の備忘録。。

ではっ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です