月別アーカイブ: 2016年4月

[kz] いまどきの単語帳その2

こんにちは、@kazscapeです。

先日の「いまどきの単語帳」の投稿に続き、本日も単語帳の話。

分散学習

先日読んだ「脳が認める勉強法」という本に、「分散学習」とというキーワードが出てきます。

この本で紹介されている「分散学習」とは、一気に集中して勉強するよりも勉強時間を「分散」したほうが覚える量が同じでも脳にとどまる時間がずっと長くなるという学習法ないしは学習効果のこと、だそうです。

またこの本では分散学習を用いた「Supermemo」というソフトウェアが紹介されています。

この「Supermemo」ですが、世界中の人が英語だったり、スペイン語、ドイツ語といった言語を覚えるために運営されているサイトで、アプリも用意されています。

ということで、効果があるならやらなきゃ損損ということで、私の英単語を覚える学習にも分散学習を取り入れてみようと思い立ちました。それが、最近の私の単語帳に関する投稿の流れです。

Supermemo

supermemo-top

ということで、Supermemoを試してみました。

ログインはfacebookのアカウントでログインができます。

supermemo-course

コースを「English」、「Vocabulary」で検索してみました。たくさんありますが、19ユーロとか。。ちょっと高いですね。

supermemo-edit-course

自分でコースを作ることもできるようです。早速作ってみよう。

supermemo-language

「languageを選択」っと思ったら、Japaneseがない。。。。

専用アプリも用意されていて、なかなか良さそうだったのですが、日本語が取り扱えない。コースの購入も19ユーロとかってちょっと高い。ということで選択肢としては残念な感じ。Supermemoは諦めます。

SuperMemo
カテゴリ: 教育, 旅行

Flashcards Deluxe

気を取り直して別のものを探してみました。

ポイントは

  • 分散学習ができること
  • 単語帳が専用アプリ、専用サイト以外で編集できてアップロードできること
  • アプリの操作性がいいこと

に絞って探してみました。

はい!ありましたよ。「Flashcards Deluxe」です。

Flashcards Deluxe
カテゴリ: 教育, 辞書/辞典/その他

このアプリがやっとこさ自分のニーズにあったアプリだと思います。

なにがよいかというと、以前の記事でご紹介した「Quizlet」と連携してくれるところ。

flashcards-deluxe-1

Quizletはそれはそれでとてもよいサービスだっただけに、使わない手はないのだけれど、Quizlet純正のアプリがどうもいけてなかった。

でもこのFlashcards DeluxeはQuizletに保存した自分の単語帳と連携してくれるとな。

Quizletだけではなく、DropboxやGoogle Driveとも連携が可能なようです。

本題の「分散学習」のためのツールとしては、分散学習の別な表現として「間隔反復(spaced repetition)」に対応しているツールとのこと。

「間隔反復」とは、Wikipediaによると、

前の学習から、その学習内容の復習までの間隔を延ばしてゆくことにより、心理学の間隔効果を利用して効果をあげる学習技術

とあります。

ほぼ、意味内容は「分散学習」と一緒な感じ。

flashcards-deluxe-2

使ってみると、「Due」という「記憶の期限が来たよ〜」、「これ覚えてる?」ってな感じで、間隔を分散して単語帳が繰り広げられる感じ。うん、なかなかいい!

flashcards-deluxe-3

そして、なによりも秀逸なのはその操作性。

電車に乗ってて単語帳を開いていると、「こんなのもわかんないの!」って、覗かれると恥ずかしい感じのOK/NGのデカデカ表示もなくて、わかった単語は上にスワイプ、わからなかった単語は下にスワイプといった感じの単純操作。この操作感が小気味いいし、目立たなくていい!

いろいろ見てきたけれど、単語帳アプリはこれに決まりなようです!

まとめ

投稿2回にわたって単語帳に関する記事を書かせてもらいました。

結果、私の単語帳の運用は、

  • Excelで単語帳用のファイルを作成する。
  • QuizletにImportする。
  • 単語帳アプリはQuizletと連携ができるFlashcards Deluxeで間隔反復で覚えていく。

これで決まりました。

どうせやるなら私なりにITを駆使して単語帳環境を作ろうという試みでした。

英単語だけでなく、いろんなことに活用もできそうです。

まだまだ勉強環境を整えていきます。

目的を失わないようにするのが一番の課題かもしれませんが。。

ではっ!


[kz] いまどきの単語帳

こんにちは、@kazscapeです。

おもむろに英語の勉強を年初から始めています。

本日はいまどきの単語帳をご紹介。

Quizlet

「Quizlet」は単語帳のクラウドサービスです。いまどきは単語帳までクラウドなんですね。

quizlet-001

無料で利用できるので、さっそくSign Upしてみます。

quizlet-002

GoogleとFacebookのアカウントでSign Upできますし、専用のアカウントを作成することもできます。

Sign Upができたら、まずはFolderを作成します。左側のメニューにある「Create a folder」を選択します。

quizlet-003

TOEICのfolderを作成してみます。適当な名前を入力して「Create Folder」ボタンです。

quizlet-004

folderの中に単語帳となるsetを作成します。「Add a set」ボタンです。

quizlet-005

まだ追加できるsetがありませんので、「Create a new set」で新しいsetを作成します。

quizlet-006

setにタイトルをつけます。適当な名前を入力してください。

quizlet-007

単語を入力します。「Is that English?(英語ですか?)」と聞いてきますので、「Yes」を選択。

quizlet-008

単語の意味を入力します。また「Is that English?(英語ですか?)」と聞いてきますので、「No, Choose Laungage」を選択します。

quizlet-009

プルダウンから日本語を選択します。

quizlet-010

こんな感じで単語と意味を入力していき、右上の「Create」ボタンを押します。

quizlet-011jpg

最初に作成したfolderに追加するために、folderのリンクを押します。

quizlet-012

folderにsetが追加されました。

quizlet-013

一つ一つ単語を登録するのが面倒くさければ、Excelで単語と日本語訳のファイルを作成して、一気にimportすることもできます。

専用アプリ

作成した単語帳はiPhoneとAndroidのアプリで利用することができます。

quizlet-016

アプリの方の使い方もご紹介しましょう。

単語帳の利用の仕方には4つのモードがあります。

quizlet-018

「CARDS」、「LEARN」、「MATCH」、「TEST」の4つです。

「CARDS」モードはまさに単語帳です。タップをすると日本語訳が表示されます。英語と日本語を逆転させることもできます。

quizlet-022

「LEARN」モードは答えを入力するモードです。一語一句間違えないで入力しないといけませんから、日本語訳を表示して単語を入力するといった方法しか使えませんね。

quizlet-019

「MATCH」モードは対になるものをどんどん消していくモード。結構楽しいです。

quizlet-020

最後の「TEST」モードのは、選択式やYes/No形式のものがあります。

quizlet-021

まとめ

本日は単語帳のクラウドサービス「Quizlet」のご紹介でした。

アプリの操作性については正直いまひとつですが、目的は単語を覚えることですから。

がんばっていきます!

ではっ!

Quizlet – Flashcards & Study Tools
カテゴリ: 教育, 教育, ゲーム, 単語