[kz] Apple Watchの充電スタンド いいのみっけ!

こんにちは、@kazscapeです。

届いた方の感想をお聞きすると、どうやら、Apple Watchの充電は1日、普段使いする分には十分に持つそうです。

しかしながら、やはり、毎日充電はしなければならないのもまた確かだそうです。

そんなこんなで、Apple Watchの充電時間の「居場所」を考えなければなりません。

これまでに、さまざまなタイプの充電スタンドが発売されてきています。

いくつか紹介しましょう。お値段はいずれもAmazonでのこの記事時点でのお値段です。

Spigen S330

AppleWatchChargeStandSpigen

Apple Watch自身についている銀色のケースは違います。シルバーの充電スタンドの方です。

シンプルで、この手のタイプの充電スタンドでは、Amazonで30%Offの3,840円は安いんではないでしょうか?

mophie watch dock for Apple Watch

AppleWatchChargeStandMophie

iPhone用バッテリーケース「Juice Pack」で有名なmophieの充電スタンド。

Spigenより高めで9,504円。

Twelve South HiRise for Apple Watch

AppleWatchChargeStandHiRise

こちらもiPhoneの充電スタンドなどを販売しているTwelve SouthのApple Watch用充電スタンド。

お値段は、Spigenとmophieの間の6,672円。

三つの中でどれかを選ぶとすれば、やはり、「充電スタンド」ですから、コスパを考えてSpigenでしょうか。

どれにも共通すること

三種の充電スタンドをご紹介しましたが、どれにも共通していることがあります。

もちろん、純正の充電ケーブルを用いているというところもそうなんですが、どれも充電スタンドにApple Watchをセットした姿が、文字盤が読める方向にセットするようになっているんですね。

充電スタンドにセットしている時まで、時計を愛でる感じでセットしなければならないでしょうか?

なんとなく、腕から外した時計って、これら三種の方向で時計から手を離すという習性がなく、どちらかといえば、文字盤が横になってしまう方向に置くことの方が自然な感じがするんですよね。

そこで!

ELEVATIONLAB The NightStand for Apple Watch

AppleWatchChargeStandElevationLab001

製品名のとおり「NightStand」なんです。外して充電スタンドにセットしたときまでカッコよくなくていいんです。

AppleWatchChargeStandElevationLab002

どうですか!なんか無造作に充電スタンドにセットする感じがしませんか?これまでの3種の充電スタンドだと、なにか丁寧にセットしなければならない感じがするのですが、こちらはいつもの時計を外す感覚でセットができそうな気がするのは私だけ。。。

もちろん他の製品同様、純正の充電ケーブルを用います。

AppleWatchChargeStandElevationLab003

なんだか専用の貼り付けシールを用いるとベットにこんな形でも取り付けられるとか。いいっすね!

AppleWatchChargeStandElevationLab004

残念ながらこちらの商品はAmazonでは取り扱いがまだないようですが、ELEVATIONLABのサイトでPre-Orderが開始されています。

お値段は$29。現在のレートですと3,500円程度というところでしょうか?

日本までの送料ですが、追跡ができない、2〜6週間かかるといった、以前に痛い目にあったUSPS First Classではありますが$9。合計$38。4,600円程度といったところでしょうか。

「仰々しくなく、自然に使えるものがいい。」

そんなことから、こちらの充電スタンドをおひとつ買ってみることにしました。

出荷は5月29日からだそうです。

さすがにまだ届いていないApple Watchもここまでには届くでしょう。(余裕。ただし、確信はない。)

「周り」を固めていきます!

ではっ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です