月別アーカイブ: 2013年11月

VPNとSSHで外出先での勉強環境の構築(VPNサーバー起動編)

インターネット上にある情報を効率よく収集し、生活に活かそうと、スクレイピングの勉強を始めています。

手にした本がこちら。

Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選
Spidering hacks―ウェブ情報ラクラク取得テクニック101選

「スクレイピング」という呼び方の方が馴染みがありますが、こちらの本では「スパイダリング」と呼んでいます。
内容は、Perlを用いたスクレイピングのあれやこれやなんですが、そもそも、ベースとなるPerlについて、よく理解していない。
ということで、スクレイピングよりも先に、まずはPerlを勉強しなければということで、今度はこちらを手に取りました。

初めてのPerl 第6版
初めてのPerl 第6版

ただ読んだだけでは全然頭に入ってこないため、実際にコードを書いて、動かしてみる環境が必要で、私が使っているMacにはもともとPerlが入っていますので、実際に手を動かしながら読み進めています。
そうすると、さらにいつもの悪い癖で欲が出まして、「外出先の空き時間にも勉強がしたい」となるわけです。
「通勤電車で本を読み、気になったところを昼休みの喫茶店でコードを書いてみる」と、こんな感じにしたいわけです。

さぁ!環境作りです!!(勉強始める前に、部屋の掃除を先に始めてしまうタイプです。。)

まずは、外出先から自分のMacにアクセスできるよう、VPN接続の環境を構築します。
VPNとは、Virtual Private Networkの略で、パブリックなインターネットを使いながらも、あたかも直接接続されたプライベートなネットワークのようにする技術です。

まず最初にやることは、自宅で使用しているルーターにVPNの通信を許容してもらう、VPNパススルーとポートフォワーディングの設定です。
VPNパススルーとは、プロバイダから割り当てられたグローバルIPアドレスとMacに割り当てられたプライベートIPアドレスの間で、VPN通信のためのパケットを通してくれる機能。またポートフォワーディングとは、読んで字のごとく、グローバルIPアドレスの特定のポートに届いた通信をプライベートIPアドレスの特定のポートに渡してくれる機能です。

私が使っていたルータは、iPhoneを購入した際にSoftbankから無償でいただいたFonの無線LANルータだったのですが、ネットでいろいろ調べると、どうも、VPNパススルーの機能がないようで、改造したりすればできるようだけれど、最近では、無線LANルータも安価になってきたので、新規でこちらを購入しました。

I-O DATA 強力ハイパワーアンテナ内蔵 簡単設定「QRコード」対応 IEEE802.11n準拠 300Mbps(規格値) 無線LANルーター【WiiU 動作確認済】 WN-G300R
I-O DATA 強力ハイパワーアンテナ内蔵 簡単設定「QRコード」対応 IEEE802.11n準拠 300Mbps(規格値) 無線LANルーター【WiiU 動作確認済】 WN-G300R

このルータはVPNパススルーにもポートフォワーディングにも対応しています。
ルータを接続して、設定用のアドレス「192.168.0.1」にアクセスして、それぞれ設定していきます。まずは、VPNパススルー。

2013-11-30 15.48 のイメージ (1)

「セキュリティ」のページから設定できます。通信方式が2つあり、PPTPとIPSecがあります。最初はPPTPで接続してみようと思いますが、後々、IPSecにもチャレンジするつもりなので、どちらも有効にしておきます。
続いて、ポートフォワーディング。

2013-11-30 15.48 のイメージ

「詳細設定」のページから設定できます。PPTPの通信方式では、ポート番号「1723」の「TCP」プロトコルを設定します。L2TPの通信方式にはポート番号「500」、「1701」、「4500」をそれぞれ「UDP」プロトコルで設定します。設定名は何でもよいのですが、こちらのサイトに書かれていた名称を使い、設定しました。IPアドレスは通信を受ける側のMacに割り当てられているプライベートIPアドレスを設定します。

ここまでの設定ができたら、今度は、自宅にあるMacをVPNサーバーにする作業をします。今回、MacをVPNサーバーにするために、「iVPN」というソフトを使います。

2013-11-30 13.30 のイメージ

料金は、9,99ユーロ。およそ1,400円弱くらいでしょうか。
設定ですが、通信方式(プロトコル)はPPTPとL2TPのうち、ひとまずPPTPを選択して、IP Address Rangeには、Macに割り当てられているIPアドレスと同じセグメントのIPアドレスのうち、使用されていないアドレスあたりを設定します。私の場合、Macに割り当てられているIPアドレスが「192.168.0.2」でしたので、同じ「192.168.0.」のセグメントで、100くらいからなら使われることもないでしょうから、fromに「192,168.0,100」、toに「192.168.0.105」を設定しました。100〜105の計6つのアドレスをローテーションで使えば充分でしょう。
Basic DNSには、デフォルトでフリーのDNSサービス「Open DNS」のアドレスが設定されているので、そのままにしておきます。

2013-11-30 13.51 のイメージ

そして肝心のアカウントです。「Edit Accounts」から設定します。

2013-11-30 13.54 のイメージ

UserとPasswordには、Macに登録しているアカウントとパスワードを設定して、Done。
ここまで設定できたら、画面上部にある「ON」ボタンを押して、Server Statusが「Started」になればOK。MacがVPNサーバーとして活動を開始したはずです。

今回はここまで。次回は「iPhoneからのSSH接続編」を書きます。


eGo-CC メンテナンス

eGo-CCを購入してから1ヶ月が経過しました。
すでにeGo-ccのバッテリーをベースにその他のもの(順次、記事書いていこうと思っています)を購入して、果たして節約できているのかわかりませんが、タバコの代役としては、というよりも、「電子タバコの方がいい!」となっています。
そんなeGo-CCを今日はメンテナンスしてみました。

参考にさせていただいたのは、この世界のことをとても詳しいGabishさんの「eGo-Cなどアトマイザー洗浄方法」を参考にさせていただきました。(というか、そのままなんですが。。)
参考にさせていただいたサイトでは、煮沸したり、エタノール漬けにしたりとありますが、まだそれほど日がたっていないので、まずは、一晩水につけて、しっかり乾燥させました。
IMG_0513
アトマイザーですが、竹槍のように出ている方にある隙間に精密ドライバーのマイナスを入れて、少しずつ両側からこじって上げると、浮いてきて、
IMG_0515
こんなかんじに外れます。
IMG_0517
中はこんな感じになっています。少し「焦げ」がついてます。
IMG_0518
バッテリーに戻してあげて、
IMG_0519
空焚きを何回かしてあげると、
IMG_0522
先ほどの写真とくらべてもわかるように、「焦げ」が少しなくなっているのがわかります。
IMG_0523
こんな感じでメンテナンスしてあげれば、アトマイザーの消耗度合いも少しは軽減させられるかなと思い、時折やっています。
相変わらず、深爪ですいません。。